レビトラの陰に隠れて人気のバリフ!どちらも速さは一級

血流改善する治療薬

男性の方にのみ起こるEDの治療を目的に開発されたレビトラとは塩酸バルデナフィル水和物を成分としたED治療薬となり、同類薬には承認国が印度の一各国のみとなりますが、バリフという正確には特許期間中となる為、コピー商品という位置づけが正しい表現になりますが薬価の基準が収載されていない先発薬と比較して1/10程度の価格で個人輸入という形で投与可能になる後発薬なるものがあります。
レビトラもバリフも成分同一になり、配合用量も10mgと20mgの二つの規格となり作用は原因となる血流輸送量の改善になり、海綿体平滑筋を弛緩する事で緊張がとれ血管を一時的に太くする事が出来る様になる為、一度に多量の血液を海綿体に輸送し静脈を圧迫する事により硬度のある陰茎膨張が起こる様になりまたその勃起状態を性交時に持続させ中折れ等を解消させる事が出来ます。
EDには心理面の作用により起こる心因型や肉体面の作用によって起こる器質型あるいは両者を同時に要因とした混合型がありますが、レビトラもバリフもいずれのどの要因で有る際にも有効性を示すとされ、即効性が特徴の薬となるので内服後、早い方で0.3時間程で効き目を実感するとともに性的刺激を陰茎に受ける事で上記作用を発揮し局所的に作用する事ができ、また減退したリビドーを亢進する作用は持ちませんので一つの留意点となります。
国内外を問わず、世界的にも二番目に登場したED治療薬となり国内外を問わず多くの臨床試験の実施され重度の場合を除き、軽度~中等程度までであれば70~90%程度の方に有効性を発揮し、効き目の持続力は20mgの投与で十時間あるとされるので素早い効き目で中時間の作用を持つ薬になるので初めてのED治療薬投与の方でも内服しやすい薬になります。
本剤の投与を行うか行わないかあるいは使用する頻度に関しては、その人の考え方や価値観によっても変わり、また自己を中心に考えるのではなく相手の事にも配慮した上での判断がとても大切になります。